手の後遺障害について

寺部先生.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
交通事故によって手に外傷を負い、後遺障害となってしまう場合もあります。手の後遺障害は、例えば手指の欠損、手指の機能障害などがあげられます。

手指の後遺障害については、次の表を参考にしてください。
なお、上肢の後遺障害も参考にしてください。



①手指の欠損障害

醜状障害の認定基準は下記です。
 
等級 後遺障害の内容
35号 

両手の手指の全部を失ったもの

68号 

1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの

76号 

1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの

83号 

1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの

912号  1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
118号  1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
129 1手のこ指を失ったもの
137号  1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
146号  1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
 
※手指を失ったものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は、近位指節間関節以上を失ったものをいうと考えられます。


③手指の機能障害

 

等級 後遺障害の内容
46 

両手の手指の全部の用を廃したもの

77号  

1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの

84号 

1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの

913

1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの

107  1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
1210  1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
136 1手のこ指の用を廃したもの
147  1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの


※手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあっては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいうと考えられます。

当事務所では、手指に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように外部の専門家をご紹介させていただくなど、認定のサポートを行っております。手指に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。
 
 

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお困りの方へ ●交通事故問題解決の流れ ●損害賠償額の基準に注意!
●損害賠償額の計算方法
●過失相殺 ●後遺症(後遺障害)
●死亡事故の損害賠償  ●当事務所の解決事例 ●Q&A

なぜ弁護士選びが重要なのかバナー.PNG

soudankai02.pngのサムネール画像


ImgTop5.jpg

●HOME  ●費用 ●弁護士紹介 ●地 ●サイトマップ