• HOME
  • Q&A
  • 弁護士に依頼した場合と保険会社とのやりとり

ご質問

 
私は、半年前、自動車を運転し、信号機のある交差点を青信号にしたがって直進したところ、赤信号を見落として左方から直進してきた自動車と衝突しました。

私は、事故当日、救急車で搬送され、その後、整形外科で通院治療を受けています。
私は、ろっ骨を骨折しましたが、整形外科で定期的にレントゲンをとったり、医師の診察を受けたりしています。
また、私は、首や腰が痛く、整形外科でリハビリを受けたり、投薬治療を受けたりしています。

私は、相手方の任意保険の保険会社の担当者の方と電話などでやりとりをしているのですが、保険会社の担当者の方が専門用語などを交えて話しをするので、私は、話の内容が十分に理解できません。

私は、弁護士費用特約に入っていることもあり、弁護士さんに依頼しようと思いますが、治療中でも弁護士さんに依頼できますか。
また、私は、弁護士さんに依頼しても、相手方の保険会社の担当者の方とやりとりをする必要があるのでしょうか。
 

弁護士の回答

交通事故の被害者の方は、治療中の状況でも、弁護士との間で合意をすれば、委任できることが通常です。

交通事故の被害者の方が弁護士を代理人に選任すると、相手方保険会社は、原則として、代理人である弁護士に連絡をします。
また、ご依頼者の方も、原則として、弁護士を介して相手方保険会社に連絡します。

したがって、交通事故の被害者の方が弁護士を代理人に選任すれば、相手方の保険会社と直接やりとりをすることは原則としてなくなります。

交通事故の示談交渉について分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。
 
 
寺部先生.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 


交通事故に関してよくあるご質問はこちら

No
交通事故に関するQ&A
1
 2013年1月に頂いたご相談内容より
2
 相手方に誠意がありません。謝罪させることはできますか?
3
 交通事故の加害者には、どのような責任がありますか?
4
 交通事故の損害賠償請求は、いつまで請求できますか?
5
 交通事故の治療には、健康保険は、使えますか?
6  後遺障害の金額が増額になる可能性についてのご相談内容
7  消滅時効
8  労働能力喪失率
9  ライプニッツ係数
10  裁判手続き
11  示談後の交渉
12  相談の際持参するもの
13  過失相殺と既払い額の控除
14  入院雑費
15  休業損害
16   死亡逸失利益と配当収入、不動産収入
17  通院交通費
18  トラック運送中の交通事故と損害賠償請求の相手方
19  年金と遺失利益
20  後遺障害非該当通知
21  交通事故訴訟と裁判上の和解
22  主婦の休業損害
23  賠償金の提示金額
24  後遺障害と損害
25  後遺障害(後遺症)に対する異議
26  後遺障害(後遺症)の逸失利益と中間利息の控除
27   傷害慰謝料の金額
28  症状固定
29  物損事故と慰謝料
30  物損事故と代車使用料
31  物損事故(修理代が車両の時価を上回る場合) 
32  交通事故と症状固定後の治療
34  交通事故の治療と健康保険
35  物損事故と新車への買い換え
36  後遺障害(後遺症)と事前認定
37  交通事故とペットの損害
38  交通事故、高齢者の後遺障害(後遺症)逸失利益
40  交通事故、主婦の後遺障害(後遺症)逸失利益
41  会社役員の休業損害
42  主婦休損(主婦の休業損害)、主婦の後遺障害(後遺症)逸失利益
43  弁護士に依頼した場合と保険会社とのやりとり


soudankai02.pngのサムネール画像

相談のご予約はこちら

コンテンツメニュー

寺部法律事務所について

対応エリア 寺部法律事務所概要 事務所所在地

地元豊橋の交通事故、後遺障害の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋 市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

寺部事務所 愛知・豊橋債務整理自己破産相談

ImgLS9-thumb-240x240-25.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

Google+