バイクの交通事故について

1.バイク事故の特徴

IMGP25340004.png

交通事故が発生したときに、自動車の場合、エアバックやシートベルトなど、運転者の身を守るものがありますが、バイクの場合、ヘルメットぐらいしか身を守るものがないことが通常です。

  バイクを運転中、交通事故の被害にあうと、重傷を負ったり、死亡に至る場合もあります。

2.バイクと自動車の交通事故

バイクと自動車が衝突すると、バイクは、自動車の衝突という大きな衝撃を受けますので、転倒するなどして重傷を負ったり、死亡したりする場合があります。

3.バイク事故と後遺障害

バイクを運転中、交通事故の被害にあうと、骨折などの重傷を負う場合もあります。
重傷を負った場合などは、治療が終了したにもかかわらず、後遺障害が残る場合もあります。

4.バイク事故の過失割合

過失割合については、バイク(単車)と四輪車(自動車)の交通事故の過失割合については、四輪車同士の交通事故の場合と過失割合が異なる場合があります。

また、バイク(単車)同士の交通事故の過失割合については、バイク(単車)と四輪車(自動車)の交通事故と異なる場合があります。

 
IMGP24830003.png

 

5.まとめ

バイクの交通事故について分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。

バイクの交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

バイクでの交通事故について

バイクの交通事故について
    バイクでの交通事故と後遺障害 


 

soudankai02.pngのサムネール画像


ImgTop5.jpg

●HOME  ●費用 ●弁護士紹介 ●地 ●サイトマップ