• HOME
  • 自転車での交通事故について

自転車での交通事故について

IMGP24830003.png

自転車を運転中に交通事故の被害にあう場合もあります。

 

同じ交通事故であっても、乗用車に乗っている場合の交通事故であれば、シートベルトやエアバックなど、事故の衝撃を和らげる対策が施されています。

自転車運転中の事故については、通常、大人は、ヘルメットをかぶらないで運転していることが多く、身を守るものがないため、被害が大きくなる場合があります。また、自転車は、自動車と衝突すると大きな衝撃を受けることがあります。

 

自転車の事故の場合、自動車と接触することで転倒してしまい、頭部など体の重要な部分に大きな衝撃を受けるケースもあります。

自動車の場合、シートベルト、エアバックなど身を守るものもあり、交通事故の被害としては、もちろん死亡事故や重傷を負う場合もありますが、頸椎捻挫、腰椎捻挫など、いわゆるむちうちになるケースが多いと思います。

自転車事故の場合、主婦の方が乗っている場合があり、いわゆる主婦休損が問題となったり、骨折などの重大な傷害を負い、後遺障害が認定される場合があります。また、子供が自転車を運転中に交通事故の被害にあうこともあります。

また、自転車の交通事故についても、過失相殺が問題になる場合がありますが、自転車は道路交通法上、軽車両として扱われている点に注意が必要です。

交通事故の後遺障害の認定において、何級が認定されるかは、賠償金額に大きな影響を与えます。適正な賠償を得ることは、交通事故後の経済的な負担の軽減につながると思います。

まずは、交通事故に詳しい弁護士に相談されてはいかがでしょうか。

 

 

自転車交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

自転車での交通事故について 自転車での交通事故と後遺障害   

soudankai02.pngのサムネール画像


ImgTop5.jpg

●HOME  ●費用 ●弁護士紹介 ●地 ●サイトマップ