事故発生から解決までの流れを知りたい

交通事故の発生

交通事故の被害にあった場合、交通事故直後の対応としては、自身が動ける状態で救護が必要なけが人がいる場合は救護行動をし、必ず警察に通報することが必要です。
警察に通報しないと交通事故証明書が、発行されず、相手方が任意保険に加入していたとしても、通常、保険金も支払われないと考えられます。小さい事故の場合、警察に通報しないで、「内々に示談で済ませましょう。」という人がいますが、これはきっぱり断ったほうが良いと思います。
また、現場の写真を撮影したり、記憶の鮮明なうちに交通事故の状況などをメモに記載したり、目撃証人がいたら、住所、名前、連絡先などを聞いておくことをおすすめします。

事故後の対応

自分の加入している任意保険会社に交通事故の発生を連絡してください。
不安なことがある場合は、できるだけ早い段階で弁護士等の専門家に相談してください。

治療中の対応

主治医に症状を正確に伝え、医師と治療方針について、よく相談してください。
たとえ忙しくても、医師が必要と認める診察や治療は受けてください。
医師か必要と認める治療等を受けないと、治療の効果が十分にでなかったり、大事に至る可能性もありますし、補償に関しても、通常、相手方の保険会社に治療の必要がなかったから通院しなかったと解釈されると思います。
通院交通費の領収証は、とっておいてください。

治療費、休業損害の打ち切り

まだ、治療が継続している段階で、保険会社が、治療費や休業損害の支払いの打ち切りを打診してくる場合があります。

症状固定

治療を継続しても症状の改善が見込めない状況が症状固定です。
症状固定となり、痛みなどの症状がなくなっていれば、示談交渉を開始します。
症状固定後も、痛みなどの症状が残っていれば、後遺障害の等級認定の申請をするか否か、検討することになります。

後遺障害の等級認定

治療が終了し、治癒した場合などは、後遺障害の等級認定の手続きをしない場合もあります。
後遺障害の等級認定の手続については、事前認定という手続と被害者請求という手続があります。

保険会社からの示談案の提示

示談の損害賠償額に納得できない場合や、そもそも見方が分からない場合は、弁護士にご相談ください。
示談の提示の書面の見方をご説明し、損害賠償額が適切かアドバイスさせていただきます。

示談交渉

保険会社の提示は、特に被害者の過失がない、または、少ない場合、裁判所の基準という観点からすると、低い金額であることが多くあります。
弁護士を代理人に選任して、示談交渉をすることができます。
弁護士は、代理人に選任された後、裁判所の基準での損害賠償の獲得を目指して、示談交渉をします。

訴訟

示談の交渉がまとまらない場合には、訴訟の提起をする場合もあります。
 
 
寺部先生.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


弁護士コラム一覧

NO
掲載月
コラムタイトル
1
2013年3月
 死亡事故と葬儀費用
2
2013年3月  交通事故訴訟と遅延損害金
3
2013年3月  損害と弁護士費用
4
2013年4月  外貌醜状と後遺障害等級、後遺症逸失利益
5
2013年4月  後遺症逸失利益の計算方法(労働能力喪失期間)
6
2013年4月  後遺症による逸失利益の計算方法
7
2013年5月
 示談後の請求
8
2013年6月
 交通事故、死亡事故の請求権者
9
2013年10月  死亡による逸失利益
10
2013年10月
 死亡慰謝料
11
2013年11月
 弁護士費用特約
12 2013年12月  過失相殺
13
2014年1月
 家事従事者の場合の逸失利益
14
2014年2月
 傷害慰謝料について
15 2014年3月  損害賠償請求の相手方
16 2014年7月  交通事故の加害者に対する損害賠償請求権の消滅時効などについて
17 2014年8月  後遺障害慰謝料
18 2014年9月  年金と遺失利益
19 2014年11月  交通事故研修会ゲスト講師 
20 2014年12月  12級と14級の違い
21 2014年1月  講演
22 2015年8月  交通事故・自賠責保険基礎研修会
23 2015年9月  近親者の慰謝料請求
24 2015年11月  生命侵害による損害賠償請求権の相続性
25 2016年2月  労働者災害補償保険法に基づく保険給付、公的年金制度に基づく年金の給付と損益相殺的な調整
26 2016年3月  サッカーと整形外科の通院
27 2016年3月  交通事故の研修会にて講師を務めます
28 2016年3月  列車事故と家族の責任①
29 2016年3月  列車事故と家族の責任②
30 2016年5月  研修会の講師をつとめました!
31 2016年6月  子供の遺失利益(男児)
32 2016年6月  将来の介護費用
33 2016年6月  通院の付き添い費用
34 2016年6月  鎖骨骨折と後遺障害(後遺症)
35 2016年6月  大腿骨骨折と後遺障害(後遺症)
36 2016年7月  交通事故における過失相殺と子どもの過失
37 2016年7月  交通事故と素因減額
38 2016年8月  損害賠償請求と相殺
39 2016年9月  肋骨(ろく骨)骨折と後遺障害(後遺症)
40 2016年9月  物損事故と評価損(格落ち損)
41 2016年10月  物損事故と損害
42 2016年10月  高次脳機能障害
43 2016年10月  シートベルト不着用と交通事故の過失相殺
44 2016年11月  一部請求と過失相殺
45 2016年11月  共同不法行為と求償
46 2016年12月  後遺障害(後遺症)と外貌醜状
47 2017年5月  交通事故と示談
48 2017年5月  交通事故と慰謝料
49 2017年6月  民法改正と交通事故における損害賠償
50 2017年7月  交通事故により後遺障害(後遺症)を負った後の死亡と逸失利益
51 2017年8月  交通事故と通院交通費
52 2017年8月  自動車保険に弁護士費用特約を付しています
53 2017年10月  14級9号の後遺障害(局部に神経症状を残すもの)と賠償金
54 2017年10月  12級13号の後遺障害(局部に頑固な神経症状を残すもの)と賠償金
55 2017年11月  弁護士費用特約を活用したい
56 2017年11月  提示された賠償額が妥当かどうか知りたい
57 2017年11月  まとめサイト
58 2017年11月  過失割合の決め方を知りたい
59 2017年11月  事故発生から解決までの流れを知りたい


当事務所の弁護士が日々感じていることをコラムにしています。

201601koramu2.png

soudankai02.pngのサムネール画像


ImgTop5.jpg

●HOME  ●費用 ●弁護士紹介 ●地 ●サイトマップ


相談のご予約はこちら

コンテンツメニュー

寺部法律事務所について

対応エリア 寺部法律事務所概要 事務所所在地

地元豊橋の交通事故、後遺障害の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋 市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

寺部事務所 愛知・豊橋債務整理自己破産相談

ImgLS9-thumb-240x240-25.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

Google+